第74回秋季静岡県大会3回戦惜敗!

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝負の厳しさ・・

2021年9月23日(祝木) 浜松球場 〔無観客試合〕

「第74回秋季静岡県大会」

【3回戦】VS浜松西

3回戦はベスト8進出をかけた16校の対戦となりました。

昨年の秋季静岡県大会ベスト16を突破したい思いで選手たちは試合に臨みました。

※硬式野球部父母会さんから写真をいただきました。


浜松球場に向かう直前、硬式野球部先輩の魂が宿る「球魂の碑」に一礼する静商ナイン

13:23試合開始


先発完投したエース大橋


スタンドから試合を見守る控え選手たち

両校ナインの思いがぶつかりあう緊迫した試合展開


なかなか点が取れない試合展開


攻撃前に曲田監督の指示を聞く静商ナイン

5回裏、静商の攻撃


1年生の栗田が相手エラーで2塁に進む


向島の送りバントで1アウト3塁


打席に入る前に曲田監督の指示を聞く大橋


大橋のタイムリーヒット


3塁走者、栗田がホームイン
静商が先取点を挙げる


ホームインした1年生の栗田を迎える曲田監督


先取点に盛り上がる静商ナインが栗田を迎える

5回終了、グランド整備

6回表、浜松西2アウト後の攻撃、、


1-1同点


3連打で2点を許し、1-2逆転される


6回裏、1-2逆転された直後ベンチ前で曲田監督の指示を聞く静商ナイン

追加点が取れなくても、試合の流れを必死に戻そうとする静商の守り


8回表、浜松西の攻撃で追加点を阻止する本塁タッチアウト

9回裏、静商の攻撃


代打、落合がヒットで出塁


同点を狙う代走、福島が出場


送りバントで1アウト2塁


同点にするため必死で声を出す静商ベンチ

走者を返すことが出来ず試合終了

1-2

両校ナインの思いのぶつかりあう試合

とても残念な結果となりましたが、

『この試合があったから・・』

と振り返る試合になる予感がします。

来夏の「第104回全国高等学校野球選手権静岡大会」

優勝の歓喜の瞬間を期待したいと思います。

『がんばれ、SEISHO!!』

 

父母会の皆さん、コロナ禍の大変な中お疲れ様でした。

引き続き、選手たちの健康管理よろしくお願い致します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です